Medix SCside

他愛無い事を淡々と呟くなにか
by mixmsbox

[雑記] 161107

用事で完徹のち朝型にしたら気持ち悪い...
不整脈からくる動悸なのか情緒不安定からきているものなのか?
※どっちも似た感覚だから解らん

・朝型になっているので
土日やっていたAT-Xのまほいく観れていない
そして、タグ検索でも今週分が表示されないorz.
何やら「真実を受け入れる覚悟は出来ていますか?」みたいな確認を端末から受け取って何度かリロードかけたら見れたけど・・・
そりゃ、すぐ表示されない訳だわ。

・朝型だから
久しぶりにリアリルできたリル♪
それにしても、Bパートの混沌ぷりは凄かったなぁ
どっから突っ込めばいいのか。
どこかで見たオマージュ多過ぎてね
懐かしい作品から結構最近の作品まで

なお、Aパートのすみれちゃんの「ぞい」ポーズに反応を禁じえなかったボクでした!
(髪の色近いですし)

・やっぱりかわいい
タイヨウきゅん
アンリ先輩との会話のシーンは萌えた!

・月曜なので
PCでたわわった。

なお、数日ネットをしていなかったのでしていない間に更新されていたアニメも視聴
(まほいいとかあにトレXXとか)

・結構動き回ったなぁ
金土は
※金曜日は完徹・土曜以降は早朝起き(午前3時とかそれより早め)
おかげで現在とても眠いZzz...

・はじめて買った
PCゲーム情報雑誌
こうくちコミックの雑誌(ほぼ茜新社さん)ならいくらか購入してますがゲーム雑誌は初めてかも。
今回購入した理由は至って簡単
「女装主人公ヒミツの座談会」
いつものブランドサイトの広報さんのBlogで告知されていたので。
しかし、バグバグってゲームの方とアニメの方あるからどっちか判らなかった(汗
※ちなみに表紙の背景色が緑の方に載っています

・どの作品から影響受けた?
あ~、女装モノのPCゲームねぇ
アニメから入ったのはおとボクやはぴねすっ!とかだけど実は原作ゲー登場当時年齢制限的にOUT
(厳密にはアニメ放送当時でもアウトだけど)
OKな年になっても行為描写に険悪感持っていたので実際今みたいに話題に出すようになった背景が自分でも分からない。

しいと言えば、専門時代に色々あって半引きこもり状態の時動画サイトで音楽聞こうと彷徨っていたらティザムービーとかPV見てそこから体験版やるようになったかな?

あの当時って丁度異性装モノ流行り始めていた頃だったから媒体関係なしに探し回っていたからね
そのうち、自分の好みのパターンが固まってきて手を出す作品数絞っていたら出てくる作品自体が減ってしまったけど。

ちなみに、結構な頻度でensemble♪さんの作品例に挙げるが初めて買った女装モノは出てから結構経ってからの「ふるふる フルムーン」だったりする。
(なお、こうくちゲーとしても初めて)

・原作ゲームより
アニメや音楽から入ったからなぁ、こうくちゲー
中高時代結構アニメになったので観ていたけどゲームの存在は高校の途中まで知らない状態でした。
高校のクラスの知り合いがそっちに詳しいのが居て教えてもらった
あと、いっこ後輩でサブカル方面にガチな奴がいて叩き込まれた。

まぁ、今でもゲーム自体はそこまでしていないが音楽は結構聞いているからなぁ
今年だけで3メーカー位買ったような?

あと、サイト閲覧とかPV探しは今もしている。

・発売日出ていたのね
おじょます(お嬢様の半分は恋愛で出来ています!)
たまにサイト確認していても動きが無かったが情報誌に載っていたので久々に確認したら更新されていた

・2連チャンで乙女シリーズ
普段なら乙女シリーズ(女装主人公)とお嬢様モノを交互にリリースしているけど今回は乙女シリーズを先に
お嬢様モノがその次らしい。

個人的には6作目(FDなど続編は本編のみカウントして)出るのねーと一安心
乙彩(5作目)が今までの主人公総出演だったり他メーカーさん呼んだりで「これもしかして女装モノおしまい⁉」と心配してましたからね。

なお、今度のお話は「音楽教師」
う~ん、同ブランドなら乙奏が歌姫のお話だったから接点あるのかな?

・確かに多いよね
今年はPCゲームでの女装モノ作品が豊作とは思っていたけど
※低価格帯ではなくミドハイ~フルプライスを調べて
今年の上半期だけでも毎月出ていた気がするからなぁ。
丁度その辺りに出た作品の情報解禁が去年の今頃だったけどその時点で多いような?と感じていた。

深夜アニメもこっちのエリアでは地上波じゃ観れないもののそれなりの該当回備えた作品あるし。
異性装は無くても可愛い少年が出る作品が多い傾向らしい。
[PR]
by mixmsbox | 2016-11-07 18:49 | [雑記] 2016 | Comments(0)
<< [雑記] 161109 [雑記] 161102 >>


以前の記事
カテゴリ
アクセスカウンター